図書館で料理の本をかりてきた。

ネットでも料理レシピはたくさんあるけど、料理をつくるためというより
料理本を「読む」「見る」ためのものとして使いたくなるときがあります。

写真がきれいだなーとか、この料理のタイトルおもしろいなーとか。
実際つくりやすい本と、見た目や写真が美しい本ってなかなか一致していなかったりして、
でもそれも図書館で借りてる分にはおもしろかったり。


自分でお金を出して買うとなったら多分…ものすごく悩むと思うんですけど。
あと図書館って雑誌も置いてたりするので、最近はもう完全に図書館利用です。

最新号は借りられないけど、図書館の中で読む分には構わないしそれで充分かなって。
そう思ったら高校生の頃とか、毎月雑誌を買っていたその情熱。我ながらびっくりです。

でもそれはそれでたぶん大事なことだったんでしょう、きっと。